腹痛

チェルノブイリ原子力発電所の事故の被害者の後追い調査の結果からは、体の大きな大人よりも体の小さい子供のほうが飛来した放射能の悪影響をより受容しやすくなっていることを痛感します。
急に発症する急性腸炎(acute enteritis)は、大抵は腹部の痛み・嘔吐・下痢の症状がみられる位で済みますが、細菌感染から来ている場合はものすごい腹痛・ずっと続く吐き気・何度も繰り返す嘔吐・水下痢とともに38℃以上の高い発熱が相違点です。
お年寄りや慢性的な病気のある方などは、際立って肺炎になりやすく治りにくいという傾向にあるので、予防の徹底や迅速な手当が大事なのです。
食べ過ぎ、肥満、喫煙、運動不足、遺伝、不規則な生活、心身両面のストレス、老化などの様々な因子が集まると、インスリンの分泌量が減少したり、機能が衰えたりして生活習慣病に属する2型糖尿病(ICD-10:E11)を発病することになります。
ハーバード・メディカルスクールの調査結果によると、通常のコーヒーと比較して1日あたり2〜3杯のデカフェのコーヒーに変えることで、あの直腸がんの罹患率を半分以上は減少させることができたとのことだ。
「沈黙の臓器」とも言われる肝臓に中世脂質や食物由来コレステロールが多く付いた脂肪肝(しぼうかん)という病気は、肝硬変や糖尿病を始めとする様々な病を招く可能性があります。
急性中耳炎(Acute otitis media)とは、一番代表的な中耳炎で幼い子供に起こりやすい病気です。激しい耳痛や38度以上の発熱、鼓膜の炎症、膿が出てくる耳漏(じろう)などのありとあらゆる症状が発生します。
世界保健機関(World Health Organization)は、有害な紫外線A波の浴び過ぎが皮膚の病気を招くとして、19歳未満の人が日サロ(日焼けサロン)を利用する行動の禁止を強く世界中に求めています。
「肝機能の減衰」は、血液検査項目のGOT(AST)やGPT(ALT)、γ-グルタミルトランスペプチダーゼ等3種類の値で診れますが、特にここ数年肝機能が充分ではない国民の数が明らかに増えているということが判明しています。
乳幼児が受ける不活化ポリオワクチンは、替わる新しい手段として、平成24年9月1日から予防接種法で接種が推奨されている定期接種として導入されるため、集団接種ではなく病院などで注射するスケジュール管理の必要な個別接種になりました。
基礎代謝(きそたいしゃ)というものは人間が何もしなくても燃えてしまう熱量のことですが、大方を身体中の骨格筋・一番大きな内臓である肝臓・頭部の脳の3つが占めているというのが今や常識となっています。
花粉症というのは、山の杉やヒノキ、マツ、ヨモギなどの大量の花粉が元凶となり、くしゃみ・皮膚のかゆみ・微熱・鼻水などの憂うつなアレルギー症状を生ずる病気なのです。
陰金田虫というのは、医学上は股部白癬(こぶはくせん)と呼んでおり、白癬菌が陰嚢、股部、尻などに何らかの理由で感染し、棲みつく病気で俗に言う水虫のことです。
耳鳴りには種類があって、当事者にしか感じられないと言われる「自覚的耳鳴り」と、血流の音などのように他の人にも高品質なマイクロホンを利用したりすると聞ける点が特徴の「他覚的耳鳴り」とがあり、対処法が変わります。
「とにかく時間がない」「上辺だけの様々な人間関係が嫌でしょうがない」「あらゆる技術やインフォメーションのめざましい高度化に追いつくのが大変」など、ストレスを受けてしまう誘因は人によって異なるようです。

Comments are closed.


WP Login