細菌感染な

胃食道逆流症(GERD)の一種である逆流性食道炎は、食事内容が欧米化したことに加えて能動喫煙・嗜好品・肥満症等の生活習慣の変化、ストレスなどによって、ここ数年日本人に増えつつある疾患なのです。
下腹部の激しい痛みが主訴となる代表的な疾患には、虫垂炎と間違うことの多い大腸憩室症、尿管などに結晶ができる尿路結石症、大腸粘膜に潰瘍ができる潰瘍性大腸炎、細菌感染などによって腹膜が炎症を起こす急性腹膜炎、子宮や卵巣の病気など、様々な病名が挙げられます。
AEDとは医療資格を有していない人にも取り扱える医療機器で、本体からの音声ガイダンスに沿ってケアすることで、心室細動に対する応急処置の効果を患者に与えます。
骨折によって多量に出血した時に、急に低血圧になって目眩やふらつき、体が急速に冷えるように感じる冷や汗、吐き気、気絶などの様々な脳貧血症状が誘引されるケースもよくあります。
脂漏性皮膚炎という病は皮脂分泌の異常が原因で現れる湿疹で、皮脂分泌の異常の主因としてはアンドロゲンとエストロゲン・ゲスターゲンのバランスの乱れ、V.B.コンプレックスの慢性的な枯渇などが考えられます。
ヒトの耳の内部構造は、大まかに「外耳」「中耳」「内耳」の3種類に区別されますが、この中耳の辺りに細菌やウィルスがうつり、炎症が誘発されたり、体液が溜まる症状を中耳炎と呼ぶのです。
スギの花粉が飛ぶ1月から4月の時期に、小さな子どもが体温はいつも通りなのにくしゃみを連発したり鼻水が止まないようなケースは、その子は『スギ花粉症』の恐れがあります。
寝姿を見ることなどで、高齢者が猫のことをとても可愛いと感じた時にホルモンのオキトキシンが多く分泌され、ストレス軽減やヒーリングにつながるのです。
音楽会の開催されるスペースや踊るためのフロアなどに備えられた特別仕様の大型スピーカーの正面で大音量を浴び続けて耳が遠くなる症状を「急性音響性難聴(きゅうせいおんきょうせいなんちょう)」と呼ぶのです。
子供の耳管の特徴は、大人のそれと比較して太い上に長さがなく、尚且つ水平に近いため、ばい菌が入りやすくなっているのです。幼い子供が急性中耳炎にかかりやすいのは、この作りが関わっています。
UV-Bは、UV-Aと比較すると波長が短いという特徴があるので大気中に存在するオゾン層で一部分が吸収されますが、地表に達したUV-Bは肌の表皮の内側で細胞のDNA(Deoxyribo Nucleic Acid)を傷つけてしまうなど、皮ふに悪い影響をもたらすことになります。
常在細菌の一つであるブドウ球菌(staphylococcus…staphylo-はラテン語で「ブドウの房」という意味)は紫に染色されるグラム陽性球菌であり、大別すると毒力の強力な黄色ブドウ球菌(オウショクブドウキュウキン、staphylococcus aureus)と毒が薄弱なコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(CNS)の2つに分けられます。
インキンタムシ(陰金田虫)とは、医学上では股部白癬と呼んでおり、カビの一種の白癬菌が陰嚢(いんのう)、股部、臀部などにうつってしまい、棲みつく病気のことで俗に言う水虫のことです。
加齢が原因の耳の聞こえ辛さでは緩やかに聴力が低くなりますが、多くの人は還暦を超えないと聞こえの悪化をはっきり自認できません。
現在、若年層で結核菌(けっかくきん)に抗えるだけの免疫力、すなわち抵抗力を持たない人達の割合が高くなったことや、早合点のために診断が遅れることによる集団院内感染(アウトブレイク)の発生頻度が高いようです。

Comments are closed.


WP Login