病気

アミノ酸のひとつグルタチオン(Glutathione-SH)は、細胞の機能を低減したり変異を招く人体に害のある物質を体の内部で解毒し、肝臓の動きを促進する役目が認識されています。
エイズウイルス(HIV)を保有する精液や血液、腟分泌液や母乳等の様々な体液が、交渉相手や乳飲み子などの傷口や粘膜部分等に触れた場合、感染のリスクがあります。る作用をする物質を生成するための型ともいえる遺伝子の異常が引き金となり発病する病気です。
常在細菌のブドウ球菌(staphylococcus…staphylo-はラテン語で「ブドウの房」の意)はグラム陽性球菌であり、毒の強力な黄色ブドウ球菌(staphylococcus aureus…staphylo-は「ブドウの房」の意)と毒の薄弱なコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(coagulase-negative staphylococci)が存在します。
ヘルニアは正しくは「椎間板ヘルニア」と呼ばれており、背骨の間に存在する緩衝材的な役目を持っている椎間板(ついかんばん)というやわらかい円形の線維軟骨が突出した症例のことを指しているのです。
環状紅斑とは環状、すなわちまるい形状の紅っぽい湿疹や鱗屑(りんせつ)など、皮ふ病の総称であり、理由は全くもって多種多彩だということができます。
陰金田虫(いんきんたむし)とは、医学的に股部白癬と言われている、白癬菌が陰嚢や股部、臀部などの部分にうつってしまい、寄生してしまう病気の事であり即ち水虫のことなのです。
吐血と喀血は口腔から血を吐くことですが、喀血とは喉から肺を繋ぐ気道(呼吸器…respiratory system)から血が出ることであり、吐血の方は十二指腸よりも上部にある消化管から血が出る症状を指しているのです。
ストレスが溜まっていくプロセスや、手軽なストレスを緩和する方法など、ストレス関連の適切な知識を学んでいる方は、さほど多くはありません。
緊張型頭痛というものは仕事や勉強などでの肩こり、首の凝り、張りに誘引される肩こり頭痛で、「まるで頭をギューっと締め付けられるような強烈な痛さ」「ズドーンと重苦しいような痛さ」と言われることが多いようです。
鍼灸のハリを患部に刺す、という物理的な程よい無数の刺激が、神経細胞を活発にして、神経インパルスという名の電気信号の伝達を誘発するのではないかと言われているようです。
脚気(かっけ)の症状としては、手先や足先が何も感じなくなったり脚の浮腫みなどが典型で、病状が進むと、悲しいかな、呼吸困難に至る心不全を呼び込む可能性があるということです。
ジェネリック医薬品(generic drug)は新薬の特許が失われてしまった後に売られ、等しい成分で経済的な自己負担の小さい(薬の代金が高くない)後発医薬品のことを意味します。
最も大きな臓器である肝臓に脂質やコレステロールが多く付着した脂肪肝(しぼうかん)は、動脈硬化や脳梗塞を始めとしたありとあらゆる疾患の合併症の素因となるかもしれません。
塩分や脂肪分の大量摂取をやめた上で自分に合う運動に励むだけでなく、ストレスの少ないような毎日を意識することが狭心症を引き起こす動脈硬化を防ぐ知恵なのです。

Comments are closed.


WP Login