爪先

脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)は皮脂の分泌異常が主因で出る湿疹で、皮脂の分泌が乱れる素因としてはステロイドホルモンの一種である生殖ホルモンのバランスの崩れやビタミンBコンプレックスの慢性的な欠乏などが考えられます。
高血圧(hypertension)の状態になってしまうと、全身の血管に重いダメージがかかった結果、頭のてっぺんから足の爪先までありとあらゆる場所の血管に障害が生じて、合併症を招いてしまう蓋然性が高まります。
複雑骨折して大量出血してしまった際は、急激に血圧が降下して、眩暈や冷や汗、嘔吐感、意識喪失などの様々な脳貧血症状が出るケースもよくあります。
汗疱(かんぽう)は主に掌や足裏、又は指の隙間などにプツプツとしたちっちゃな水疱がみられる症状で、通称汗疹(あせも)と言われており、足裏に出来ると足水虫と早とちりされることが多くあります。
いんきんたむしとは、医学上は股部白癬(こぶはくせん)と称し、かびの仲間である白癬菌が陰嚢(いんのう)や股間、臀部などに何らかの理由で感染してしまい、棲みつく病気であり即ち水虫です。
「ストレス」というのは、「消すべき」「除去すべき」と思われがちですが、実際は、私たち人間は様々なストレスを受けているからこそ、生き延びていくことに耐えられます。
内臓に脂肪が多いことによる肥満が確認された上で、油脂の過剰摂取などによる「脂質過多」、塩分の摂取などによる「高血圧」、糖分の摂りすぎなどによる「高血糖」のうち2つ以上に当て嵌まる様子のことを、メタボリック症候群と呼びます。
現在の病院の手術室には、トイレや器械室、準備室(preparation room)を備え、手術中に患者を撮影できるX線装置を用意するか、そうでなければ近くにX線装置のための専門室を用意しておくのが慣例だ。
薄暗い所では光不足によって見るのが難しくなりますが、さらに瞳孔が開いてしまうため、目の水晶体のピントを合わせるのに余計なパワーが使われ、日の差す場所でモノを眺めるよりも疲労が大きいのです。
「肝機能の減衰」は、血液検査項目のAST(GOT)やALT(GPT)、γ-GTP(ガンマGTP)など3つの値によって診れますが、特にここ2、3年肝機能が衰えている人数が徐々に増加傾向にあるそうです。
UV-Bは、UV-Aよりも波長が短いという特性があるためオゾン層を通過する際にその一部分が吸収されるものの、地表に達したUV-B波は皮ふの表皮内で細胞のDNA(Deoxyribo Nucleic Acid、遺伝情報)を傷つけてしまうなど、皮ふに悪い影響をもたらすと言われています。
乳児が受ける不活化ポリオワクチンは、長年使用されてきた生ワクチンにかわる新しい手段として、平成24年9月1日から原則無料の定期接種になるので、集団接種ではなく病院などで個々に接種するスケジュール管理の必要な個別接種の形に変わりました。
世界保健機関(WHO=World Health Organization)は、紫外線A波の極端な浴び過ぎが皮膚の病気を引き起こす恐れがあるとして、19歳未満の男女が肌を黒くする日焼けサロンを利用する行為の禁止を主に先進国に提案しています。
万が一婦人科の検査でやはりエストロゲンとゲスターゲンの量が足りなくて早発閉経(early menopause)だと分かった場合は、不足している女性ホルモンを補う医術で改善が期待できます。
栄養バランスのいい食生活や運動は当然のことながら、全身の健康や美のために、欲しい栄養を補うために色々な種類のサプリメントを飲む行為がおかしくなくなっています。

Comments are closed.


WP Login