面白いかどうかは

橋下興業が文楽に反対する理由は三つあると思います。

一つは予算カットの支持が得られやすい事。
もう一つは文楽人形の材料です。
ラストは自分が面白くないと思うからです。

と書きました。

二つの理由は前回書きましたが、改めて書くと採算採れない物にお金を出したくない、TPPを推進する以上材料にクジラヒゲを使う産業はアメリカの心情を考えれば目障りです。

面白ければ保護してもいいかなと思うけどつまらないので努力しろと言っておきます。

面白いかどうかは完成の問題ですが、常に面白い事をやろうとしている身としては不満ですよ。

今年一番ブレイクした有名人は、すぎちゃんでも関ジャニ∞でもなく、ましてやももクロでもなく橋下徹です。

特集を組めば雑誌が売れる、頼みもしないのに話題をくれる存在はメディアやネットにとって有り難い存在です。

例えば、古典を見せろといいながら脚本が古いと言ったり、2歳年下の人にツイッターで「年下が呼び捨てにするな」とキレた後に16歳年上の人を呼び捨てにするとか。

倒閣してやるとまで言ったくせに総理は決める政治家と褒めたり。

Comments are closed.


WP Login