父親のコネ

通常、自己分析が必要であるという人のものの考え方は、自分に適した職と言うものを探し求めて自分の良い点、関心を持っている点、特技をわきまえることだ。

今の仕事の同業者の人に「父親のコネのおかげでシステムエンジニアだったけれどこの業界に転職してました。」という異色の経歴を持つ人がいるが、この人によるとSEの仕事のほうが絶対に百倍くらいは仕事が楽ですとのこと。

【採用されるために】色々な理由を抱えてほかの会社への転職を望むケースが増えているのである。けれども、転職すると決めたはいいけれど、それからの人生が大きく異なるケースもわんさとあるというのが事実なのです。

「就職氷河期」と最初に呼びならわされた年代で、マスコミが報道するニュースや世間の風潮に引きずられるままに「仕事に就けるだけ助かる」なんて仕事に就く先を決意してしまった。

【就活Q&A】大学卒業時から外資系の企業への就職を目指す人もいるけれど、やはり最も普通なのは日本企業で勤務してから30歳くらいで外資に転身という事例が多発しています。

Comments are closed.


WP Login