あれから幾星霜。

私はまず、私を白眼視する寮生の中で、いかにも弱そうで大衆に迎合しそうなタイプを選別し、標的にした。

寮の廊下でその子とすれ違う度、睨み付けた。
言い訳させて貰うなら、その子の方が先に、集団で私を迫害しようとしたんだけどね。
とにかく、ターゲットと決めた私は、その子をたった1人で迫害し返した。いかにも本気で怒ってる、恨んでるという態度をとり続けた結果、その子が先に参ってしまった。その子が私をどう誤解したのか解らないけど、2ヶ月後くらいには寮生たちは私を腫れ物を扱うように遇し始めたんだよね。
一方で、そもそもの端緒である友人は、私の戦略を「大人げない」と言って、現状に甘んじ続けた挙げ句、寮生たちに迫害され続ける結果となった。

あれから幾星霜。
私にとっては寮での出来事は武勇伝。
友人にとっては黒歴史らしい。

実はここ数日で、ちょっと警察のお世話になってる。
被害者は私で、ある企業から受けた損害について被害届けを出した形。
「警察に届ける」と言った時、家族・友人・知人は「なにもそこまでしなくても。嫌な事は忘れなさい、どうせ泣き寝入りするしかないんだから」と私を諫めたし、私自身、被害届け出したところでどうせ泣き寝入りだろうなとは思ってたわけよ。

Comments are closed.


WP Login