面接のとき

「就職志望の企業に向けて、わたし自身という人柄をどうしたら期待されて燦然として売りこめるか」という能力を改善しろ、ということが重要だ。

【応募する人のために】面接のときまず転職理由について聞かれる。「何が原因で退職したのか?」についてはどの企業の担当者も一番興味のある問題です。そのため転職した理由を非常にしっかり考えておくことが不可欠です。

圧迫面接という高圧的な面接で厳しい問いかけをされた場面で、図らずも怒ってしまう人がいます。同感はできますが、生々しい感情を秘めておくのは社会における基本といえます。

企業選択の論点としては2つあり、片方はその会社の何に心をひかれたのか、あるものは、自分がどんな職に就いて、どんな励みを欲しいと思ったのかという点です。

現時点で入社試験や転職活動をするような、20〜30代の世代の親の立場でいえば、堅い仕事の公務員や人気の大手企業に就職できることが、上首尾だと思われるのです。

Comments are closed.


WP Login