コンデジがダメということでもない。

アピタの帰りに急に空が暗くなってきたので、空を見たら、怪しい雲が湧き上がっていた。

間もなく激しい雨が降ってきた。

今は雷も鳴っています。

ところで、昔から、梅雨明けは雷が鳴ってからというが、このあとに本当の梅雨明けがあるのかも知れない。

庭のミニトマトも大きくなってきた。
昨日買ったNikon1の性能を試すべく、さっそく持ち出して写してみた。

液晶画面で構図合わせをするのは、コンパクトデジカメと同じだ。
最新のコンデジも液晶画面が大きく、その点での使い勝手は変わらない。
ただ、このNikon1は起動が早く、即写性能は上回っている。
さらにコンデジとの違いは、レンズの大きさで、携帯性には劣るが描写力は圧倒的である。

ということで、いつも写している空を写してみた。

セミが鳴き始めた桜の木も写してみた。

なんら問題ないことが分かった。
というより、実にキレイな描写である。

厳密に一眼デジカメと比べれば、差は出てくるが、例えば、半切にプリントした場合の画質を考えれれば、問題ない性能は持っている。

また、コンデジがダメということでもない。

このカメラ、発売当初にデモ機を使っているので、性能は分かっていたが、自分のものとなるとまた思い入れは変わってくる。

Comments are closed.


WP Login