お日様が出てきた。

気象情報で盛んに大雪情報を流している。
それによると、今回の寒気はこの冬一番で、太平洋側でも積雪が予想されるという。

知多半島は比較的温暖な地域なので、めったに雪が積もることはない。
しかし、強い寒気が襲来した場合は、若狭から関が原にかけての谷間を雪雲が抜けてくるので、それが、知多半島にもかかることがある。
その場合は北西の闇金相談空が真っ黒になり、見るからに寒そうな空になる。

しかし、午後になっても風が強くなったものの、雪が降る気配はまったくなく、むしろ午前中曇っていた空が晴れて、お日様が出てきた。
せっかく外に出て、どこかで雪降りを写そうかと思っていたので、肩透かしを喰らった感じだ。

公園の駐車場に車を止め空や木々を写してみた。
写真では、見るからに寒々と見える。
フェンスには犬が繋がれて、寒そうだが、もともと犬は寒さに強いので、これくらいが気持ちよいのかもしれない。

その後、ちょっと、近所の知り合いの家に行き、長話をしていたが、外を見たら、暗くなっていた。
風もずいぶん冷たくなっている。

北西の空を見たら、冬の雲が流れてきている。

すぐ家に帰り、その様子を写してみた。
30秒ほど露出をかけているので、木々が揺れている様子も写っている。
工業地帯の明かりが雲に反射しているのも分かる。

Comments are closed.


WP Login