セラミド含量

20歳代の元気な皮膚にはセラミドがたくさん含有されていて、肌も水分をたっぷり含んでしっとりつやつやしています。

ところが、歳を重ねる度に肌のセラミド含量は減少します。
赤ちゃんの肌がプリプリに潤ってふっくらとした張りがあるのはヒアルロン酸をとても多く皮膚に含んでいるからです。水を保持する力に非常に優れた成分であるヒアルロン酸は、皮膚の潤い感を守るための化粧水や美容液のような基礎化粧品に使用されています。

保水作用を持つヒアルロン酸が皮膚の真皮部分でたくさんの水を維持する働きをしてくれるので、外部の環境が種々の変化や緊張感で乾燥することがあったとしても、肌はそれほどのダメージを受けずに滑らかな手触りの状況でいることが可能なのです。
まず第一に美容液は肌への保湿効果がしっかりしていることが肝心なポイントなので、保湿のための成分がどれ程の割合で配合されているのか確認するのがいいでしょう。中には保湿効果だけに絞り込まれた製品なども存在するのです。

セラミドは肌の潤いに代表される保湿能の改善をしたり、肌水分が出て行ってしまうのを抑えたり、外側から入る刺激あるいは雑菌などの侵入を押さえたりする働きを持ちます。

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.


WP Login