興味ある

英語を使用しながら「別のことを学ぶ」ことにより、単に英語だけを学習する場合よりも注意深く学習できることがある。

その人にとって関心ある事柄とか、興味ある仕事に関する分野について、ネットで映像を探索してみよう。
英語力がまずまずある人には、とにかくたくさんのドラマを、英語音声と英語字幕で見ることを薦めています。音声と字幕を共に英語にすることでどんな内容を会話しているのか丸ごと通じるようになることがとても大切です。

どういう理由で日本の言葉では英語でしばしば使用される「Get up」や「Sit down」という発音は発音を区切って、「ゲット・アップ」「シット・ダウン」と1つずつ発音するものなのか?こういう語句は「ゲラッ(プ)」「セダン」 と子音と母音を繋げて言うべきなのだ。

いわゆる英会話には、何はともあれグラマーやワードを学ぶ必要があるが、第一優先なのは、英語を話す目標をちゃんと策定し、意識せずに設定している精神的障壁を除去することが大切である。

理解できない英文が出た場合でも、無料で使える翻訳サイトや複数の辞書が使えるサイトを見てみれば、日本語に訳せるため、そういう所を助手としてネットを巡る事を勧告します。

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.


WP Login