生まれた

「カニを味わった」という達成感を感じる事が出来るのはタラバガニと言われますが、カニ自体のオツな味をとことん味わうことが可能なのはズワイガニになるはずと言った特質が考えられます。

北海道で生まれた毛ガニは、輸入された物と比較すると風味が見事で大きな満足感を得ることになります。少なからずお金が必要ですが、何かがある時にお取り寄せしてみたいと思うのなら、味がたまらない毛ガニを頂きたいと思いますよね。

卵付の雌のワタリガニの方が、変わり映えのない雄よりも極上な品となっています。美味な胸の身や極上のミソの部分に関しては、雄と雌にそれほどの差異はないのだが、卵は最高でいくら食べても飽きません。

貴重なカニとして名高いカニ通にはたまらない花咲ガニ。味の好き嫌いが鮮明な他のカニとは違うカニですが、引かれるものがあればひとまずは吟味してみては?

大抵の毛ガニは甲羅の大きさが11〜13cm程普の大きくないカニで、水揚げをスタートした時は紺色と類似的な褐色に見えるのだが、ボイルすることで明瞭な赤色に変化します。

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.


WP Login