数十回噛んで

若年層で感染症の一種である結核に抗えるだけの抵抗力、即ち免疫力を保有していない人々の割合が高くなっていることや、自己判断のせいで受診が遅れることが誘因の集団院内感染が多くなっています。

食事の際は、次に食べようと思った物を気軽に口に運んで数十回噛んで後は飲み下すだけだが、その後も体は本当によく活動し食物を体に取り込むように努めているのだ。
男性だけにある内臓の前立腺はその活動や成長にアンドロゲン(雄性ホルモン)がとても密接に関わっていて、前立腺にできてしまったガンも同じように、アンドロゲン、すなわち雄性ホルモンの作用を受けて肥大化してしまいます。

子どもの耳管は、大人のそれに比べて幅が広くて短めの形で、且つ水平に近いため、様々な細菌が潜り込みやすくなっています。小さな子どもが急性中耳炎を発病しやすいのは、この構造が関係しています。

軽傷の捻挫だと勝手に自己判断して、包帯やテーピングテープで患部を適当に固定し、様子を見るのではなく、応急処置を終えたら迅速に整形外科でレントゲンを撮ることが、根治への近道となるのです。

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.


WP Login