ワタリガニ

食してみると特に口当たりの良いワタリガニのピークは水温が低くなる秋が深まる季節から陽春の頃までだと言われています。

この期間のメスは殊に乙な味となるので進物になっています。
身がたくさん詰まったワタリガニを頂く際は「塩ゆでするだけ」が一番良いでしょう。若干食べづらいでしょうが、いい味の味噌や身はその他の値段が高い蟹に劣らぬ口当たりと味を感じさせてくれます。

どうしても食べたい毛ガニを通販を利用して購入しようかなというとき、「大きさについて」、「活き・茹で済み」をどう決定すべきか途方にくれてしまう方もいると思います。
わざわざ出かけず、蟹を通販で注文する人を見かけることが多くなりました。まだズワイガニはましで、毛蟹なら恐らく毛ガニの通販を見つけて届けてもらわないと自宅で口にすることはできっこないのです。

甲羅にプチプチとした「カニビル」の一目で分かる程の卵が張り付いているほど、ズワイガニが脱皮を実施してからだいぶ時間も経過したことを意味し、ズワイガニの身の詰まり方が理想的で納得できるとジャッジされるのです。

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.


WP Login