スペシャル

花咲ガニが他のカニと違うわけは、水揚される花咲半島では多く息づく海草、昆布と関わりがあります。

昆布を摂って成長したスペシャルな花咲ガニは、旨味をたっぷり持っているのです。
短い脚ではありますがいかつい体にぎゅうぎゅうに身の入った特徴のある花咲ガニ、その食べ応えは格別です。数の少ないカニなので、通販でお取り寄せする際は別種類のカニを入手するときに比べお値段は高めです。

カニの中でも花咲ガニはごく短期間の漁期で(初夏の頃から晩夏の頃)、言い換えれば新鮮な旬の時期のみのスペシャルな蟹ですから、吟味したことはないという人もたくさんいるでしょう。
旬と言えるタイミングは普通は11月〜2月頃までで、季節としてもお届け物や、おせちの原材料として役立てられていると考えられます。

水揚の直後は体は茶色の花咲ガニですが、ボイルによって赤く色づき花が開いたときのような見掛けになるのが理由で名前が花咲ガニになったというのが一般的な説だそうです。

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.


WP Login